humgfk’s blog

趣味(主に旅行)について書きます

公開記事一覧

このブログを閲覧してくださっている皆さんへ

どんな記事があるのかブログトップから見れたらよさそうだなと思ったので作りました。いちいちタグやアーカイブの中を探すの面倒ですよね。また、古い記事ほど埋もれていってしまうので投稿日時に関わらず閲覧してもらいたという思いもあります。一方であんまり興味のない記事ばかり上に来られても困るかもしれないので、タグごとに記事名を投稿順に箇条書きにしていきます。随時更新。

一覧

旅行

就活

その他

スーツ「シベリア鉄道総集編」を見て

無限に楽しめる

自分でシベリア鉄道に乗る前はもちろん彼の動画を見ていた。その動画が再編集されてまとめられたということで動画を見てみた。鉄オタではないので、彼の話を聞いていると当時は知らなかったことが分かるようになるし、思い出を振り返ることができる。シベリア鉄道を乗る前も乗った後も楽しめる動画。私は中国から乗車したためチタまでの風景は初めてだったし、彼とは違い途中下車をしている。次乗るときは彼と同じくウラジオストク経由か、モンゴル経由で途中下車無しで乗ってみたい。線路が増設されたのなら是非乗りに行きたい。

youtu.be

 

humgfk.hatenablog.com

 

様々な旅行記

旅行記大航海時代

アフィリエイト広告が広まり、近年の糞みたいな旅行記が増えていく中で、純粋に個人の体験を記録している良記事はネットの海に埋もれてしまいます。そういった旅行記のまとめを作っておくことによって、自分の旅の参考にもなるし、このブログの閲覧者にとっても検索の手間が省けると思ったので、この記事を書いています。随時更新。アフィカスは糞。

旅行記一覧

  • 飛行機なしの世界一周旅日記 飛行機は使わず、陸路と海路だけで地球を一周した旅の記録
  • 日々を仔細に記述しているわけではなく、大雑把に出来事や旅した場所のことについて書かれており文章は読みやすい。しかし文字が小さくて見にくい。そしてどこから読めば良いのか分かりづらいし、地域ごとに分けられているためカテゴリの最後で一気に日付飛んだりする。ブログの構成を分かりやすくしてほしい。旅行先の写真はどれもそこを歩いている感じにしてくれるようなもので、現地の人の写真を載せいるのが個人的に良いと思ったところ。私が旅行でとった写真には無機質な自然や建物ばかりで、もっと人を撮るべきだった。

22卒クオンツ就活

情報をまとめる

これからクオンツ就活をする人に役立てば、かつ2022年度の採用に関する記録としてこの記事を書いています。必ずしも正確ではないのであくまで参考程度にしてください。 私が受けていたのは主に証券会社のマーケットのクオンツなので銀行やアセマネの情報は少ないです。また、証券会社のアナリストのクオンツは一切しりません。それらについては他の人に譲ります。それぞれの会社の選考体験記は別記事をご覧ください。最後にクオンツ就活に役立つサイトを列挙します。

内容

  1. 各社のクオンツについて(採用人数、給料等)
  2. 役立つブログ

各社のクオンツについて(採用人数、給料等)

アンカー

三菱UFJモルガンスタンレー証券

市場商品部として採用(グローバルマーケッツでいいのに)。2021年から三菱UFJ銀行のFT部と統合された。2021年夏ごろには全員が同じフロアで働くそうだ。 業務も統合され、違いは人事のみ。将来的には人事も統合するそうだ。 証券側で入社した場合はクオンツ関連の業務で専門性を高める一方、銀行側で入行した場合は本人の希望次第ではトレーダー等、マーケットの他の業務にも携われると言っていた(証券でもクオンツからトレーダーになる人はいるそうなのであまり違いは無いのかもしれない)。 銀行と合わせて60人ほどフィナンシャルエンジニアリングをやる人がいるとのこと。 給与に関しては総合職コースと専門職コースがある。

SMBC日興証券

部門別コースとしてクオンツコースがある。2019年度から新卒採用を始めた。中途の人が多い。博士課程の人も多いように感じた。 新人育成の基盤は整っておらず、外資系にありがちな、裁量権が大きい。

みずほ証券

  • 採用人数:2~3人、多くて5人(人事談)
  • 給与:月給275,000円

グローバルマーケッツ部門の中のクオンツコース。給与は一人ひとりに支払われると言っていた(専門職コース?)。入社したら最初はデスククオンツからスタート。 途中でコードを書いたりしたければテクノロジーよりの業務に移ることが可能。

大和証券

  • 採用人数:1~2人(社員談)
  • 給与:総合職月給255,000円、専門職400,000円~

総合職部門別コース、専門職高度金融コースがある。専門職は博士課程の人が対称で、修士の人が専門職で申し込んでも自動的に部門別コースになる。 会社の人事評価で専門職コースが2021年度から設立され(新卒だけでなく全社員が対称)、制度は今後改善されていかもしれない。 会社としての年間成長目標は10%であり、社員の成長目標は120%。以下は専門職コースについて。成長目標に到達しなかった場合は給料が下がる。 個人の目標は、毎年上司と相談して定める。 人の評価は相対的なものであり、評価を下げれない管理者は人を正しく評価できないとの考えのもと、部署内で一定の割合で評価を下げるとのこと。また、評価の決定にはマーケットバリューも用いて、客観的な視点も取り入れると。
モデル開発はロンドンがメインで、日本では主にデスククオンツ。ロンドンへの派遣はかなりあるそう。ITと数学に関する筆記試験がある。特に数学は英語。

野村証券

  • 採用人数:1人(社員談)
  • 給与:月給?円

グローバルマーケッツ部門の中のクオンツコース。日本には10人しかおらず、海外と合わせても100人いるかいないか。 開発の拠点はロンドン。人数が少ないが故に日常的にロンドンの人とやり取りするそう。

三菱UFJ銀行

  • 採用人数:5人?
  • 給与:月給230,000円。ただし、本人の 技能・経験等が一定基準より高い場合は初任給以上の給与を個別に適用することがある。

フィナンシャルテクノロジーコース。業務等に関しては三菱UFJモルガンスタンレー証券を参照。

三井住友銀行

  • 採用人数:5人程度
  • 給与:月給230,000円

総合職クオンツコース。かつては入行して2年間は営業をやる必要があったみたいだが、最近は営業をスキップして最初から本社勤務に組織が変わっているらしい(クオンツコースに限らず)。 クオンツからトレーダーになる人もおり、プロップトレーダーとしての裁量は最も多いらしい。

みずほ銀行

  • 採用人数:10人
  • 給与:月給230,000円

クオンツ・デジタルテクノロジーコース。みずほ第一フィナンシャルテクノロジーに出向。

野村アセットマネジメント

  • 採用人数:2~3人?
  • 給与:月給?円

インベストマネジメントコースのクオンツ運用・テクノロジー研究開発業務。

大和アセットマネジメント

  • 採用人数:1人?
  • 給与:月給255,000円

ITと数学に関する筆記試験。数学が少し難しかった記憶がある。クオンツの社員数は10人ほど。

第一生命

  • 採用人数:?人
  • 給与:月給282,770円

クオンツ・データサイエンティストコース。一部が第一生命本社、一部がみずほ第一フィナンシャルテクノロジーに出向。初めに金融工学に関する筆記試験がある。

その他

アセットマネジメントOne、三井住友・トラストアセットマネジメント、三井住友DSアセットマネジメント、日本生命、ニッセイアセットマネジメント、損保ジャパン、東京海上日動東京海上アセットマネジメントといった資産運用会社にはクオンツ業務がありますが、コース別で採用を行っていません。 損保ジャパンはみずほ第一フィナンシャルテクノロジーに共同出資しているので出向とかあるかもしれないです。

役立つブログ

この記事をご覧になっている皆さまなら当然目を通しているだろうが一応リストにしておく。

香港旅行(2018/08/18~2018/08/20)

香港に

香港のデモが始まる前に行っといて行っといて良かった。往復の航空券と宿はExpediaを使って予約した。一人あたり56000円ほど。旅費を安く抑えるために深夜の格安航空香港エクスプレスを利用した。宿はHotel savというところ。

0日目(2018/08/17)

f:id:humgfk:20210424184558j:plain

羽田空港JAL

 

f:id:humgfk:20210424184701j:plain

羽田空港ANA

 

1日目(2019/08/18)

4:30に空港に到着。空港から市内への電車が動き始めるまで空港のロビーで寝て待機。7:00起床。

f:id:humgfk:20210424185311j:plain

香港空港


香港ドルを所持していなかったので到着ゲート付近にあった両替所で1000 JPYを62.5 HKDに。 機場(空港)から青衣(Ting Yi)までの特急券を購入50 HKD。 八達通(オクトパス)を購入しようとするも現金のみだったため、10000 JPYを675.6 HKDに両替し八達通を購入150 HKD。

f:id:humgfk:20210424190112j:plain

特急


機場から青衣まで特急で、青衣から黄埔(Whampoa)まで地下鉄(MTR)で。

f:id:humgfk:20210424191214j:plain

whampoa1

 

f:id:humgfk:20210424192217j:plain

whampoa 2


途中のセブンイレブンで水を購入7.3 HKD。ホテルに到着するもチェックインは12時以降と言われたので荷物を預けて観光に。 紅磡(Hung Horn)に向かう途中、朝食として排骨X飯を食べたが、パサパサして美味しくなかった28 HKD。

f:id:humgfk:20210424195248j:plain

whampoa 3


紅磡からMTRに乗り深水埗(Sham Shui Po)へ。

f:id:humgfk:20210424195346j:plain

未来のミライ


様々な通りを歩きながら西九龍中心(Dragon center)に。

f:id:humgfk:20210424195429j:plain

Sham Shui Po 1

 

f:id:humgfk:20210424195505j:plain

Sham Shui Po 2

 

f:id:humgfk:20210424195531j:plain

Sham Shui Po 3

 

f:id:humgfk:20210424195609j:plain

Sham Shui Po 4

 

f:id:humgfk:20210424195638j:plain

Sham Shui Po 5

 

f:id:humgfk:20210424195819j:plain

Dragon Center

 

f:id:humgfk:20210424195847j:plain

Saizeriya in Dragon Center


西九龍中心には何も無かった。関帝廟がこの近くにあると思っていたが、全く逆の方向であったため、仕方なく歩く。

f:id:humgfk:20210424200023j:plain

関帝廟

 

f:id:humgfk:20210424200059j:plain

関帝廟

 

f:id:humgfk:20210424200303j:plain

忠義千秋

 

f:id:humgfk:20210424200411j:plain

黄金電脳商場


水が尽きたため途中のセブンイレブンで購入6.5 HKD。 関帝廟を訪れた後は李鄭屋漢古墳博物館に(写真一切撮ってなかった)。ここでこの日の午後の計画を立てる。 12:30尖沙咀(Tsim Sha Tsui)に向かう。 非常におなかがすいたのでとにかく食べ物を探す。 たまたま入ったところに蘭芳園があったが、あまりの列のためすぐ隣にあった店に入る。

f:id:humgfk:20210424201029j:plain

蘭芳園

 

f:id:humgfk:20210424201052j:plain

となりにあった店


混んでいたため、中国人と相席になったのだが、中国人と間違われてずっと中国語で話しかけられていた。そのうえ、メニューを指さして注文したときにそんなもの食べるんだみたいな感じで笑われた。ジャージャー麺46 HKD。 ガーデンオブスターズに行くために歩き回り同じ道を往復したがたどり着いた。

f:id:humgfk:20210424201738j:plain

ブルースリー


そのまま海側に行き対岸の景色を眺める。

f:id:humgfk:20210424201841j:plain

1881 Heritage

 

f:id:humgfk:20210424201917j:plain

UBS


1881 Heritageを見て回った後、尖沙咀の駅に向かう。 一応蘭芳園に行き、すいているか確認。 空いていたので入店し、パイナップルパンバター付きとミルクティーホットを注文する39 HKD。

f:id:humgfk:20210424202132j:plain

パイナップルパンとミルクティー


カフェで休憩中に次の行動を決める。 九龍城に向かうべく尖沙咀へ。

f:id:humgfk:20210424204203j:plain

Tsim Sha Tsui


樂富(Lok Fu)で降り、九龍城に向かって歩く。

f:id:humgfk:20210424212140j:plain

華人基督教墳場


途中に石屋家園があったので寄り、中を見て回る。 九龍城砦公園を散策。

f:id:humgfk:20210424212804j:plain

九龍城砦公園1

 

f:id:humgfk:20210424212950j:plain

九龍城砦公園2

 

f:id:humgfk:20210424213028j:plain

九龍城砦公園3

 

f:id:humgfk:20210424213127j:plain

九龍城砦公園4

 

f:id:humgfk:20210424213209j:plain

九龍城砦公園5

 

f:id:humgfk:20210424213301j:plain

九龍城砦公園6

 

f:id:humgfk:20210424213347j:plain

九龍城砦公園7

 

f:id:humgfk:20210424213432j:plain

九龍城砦公園8


まだ時間があったので志蓮浄苑と南蓮園池の方へ歩く。 近くにあった黄大仙駅のすぐ側にあるデパートの759という日本産のものを輸入販売している店で水を購入3.5 HKD。

f:id:humgfk:20210424214035j:plain

黄大仙駅付近1

 

f:id:humgfk:20210424214110j:plain

黄大仙駅付近2

 

f:id:humgfk:20210429071111j:plain

志蓮浄苑1

 

f:id:humgfk:20210429071254j:plain

志蓮浄苑2

 

f:id:humgfk:20210429071408j:plain

南蓮園池1

 

f:id:humgfk:20210429071528j:plain

南蓮園池2

 

f:id:humgfk:20210429071611j:plain

南蓮園池3

 

f:id:humgfk:20210429071652j:plain

南蓮園池4


志蓮浄苑と南蓮園池を見て回り鑽石山(Diamond Hill)から再び尖沙咀に。尖沙咀プロムナード(尖沙咀海濱花園)にてシンフォニーオブライツを見る。

f:id:humgfk:20210429072113j:plain

シンフォニーオブライツ1

 

f:id:humgfk:20210429072150j:plain

シンフォニーオブライツ2

 

f:id:humgfk:20210429072309j:plain

シンフォニーオブライツ3

 

f:id:humgfk:20210429072431j:plain

シンフォニーオブライツ4


フェリーでcentralに向かうことに。 Free Dayだったのでただで船に乗るも、中環(Central)に行くつもりが湾仔につく。

f:id:humgfk:20210429072655j:plain

船から


目的の蓮香楼が中環にあるので歩いていくことに。 ラストオーダーぎりぎりに入店し炒飯と牛の炒め物を注文101 HKD。 中環から地下鉄で部屋に戻る。

2日目(2018/08/19)

9:00一度起床。 10時には出かける予定だが、bedの上でうだうだ。 今日一日の予定を決める。 10:30部屋を出る。 黄埔駅周辺を歩く。 黄埔号に行き、デッキに上る。

f:id:humgfk:20210429073609j:plain

黄埔号


11:30黄埔駅から旺角(Mong Kok)に行く。 倫敦大酒楼にて飲茶をする。

f:id:humgfk:20210429074146j:plain

倫敦大酒楼


中国人と相席になったが、中国人だと思われ中国語で話しかけられる。

f:id:humgfk:20210429074300j:plain

右:豚まん、左:??

 

f:id:humgfk:20210429074352j:plain

マーラカオ


様々な小籠包等を楽しみ満腹で店を出る141.5 HKD。 旺角駅周辺を歩く。

f:id:humgfk:20210429075113j:plain

朗豪坊

 

f:id:humgfk:20210429075142j:plain

牛角 in 朗豪坊

 

f:id:humgfk:20210429075754j:plain

旺角周辺


本屋を見つけたので入り、香港料理の本を購入する108 HKD。 学校の教科書購入のために訪れていたたくさんの親子により本屋は混雑していた。 両替できる場所を見つけたので何軒か回ってレートを確認した後に、現金が不足しそうだったので換金する5000 JPY -> 350.5 HKD。 地下鉄で旺角から中環、そして天后に行く。香港島上陸。 銅鑼湾天后廟に行く。

f:id:humgfk:20210429172920j:plain

銅鑼湾天后廟

 

f:id:humgfk:20210429173004j:plain

銅鑼湾天后廟中


歩いて蓮花宮に行く。

f:id:humgfk:20210429173307j:plain

蓮花宮

 

f:id:humgfk:20210429173348j:plain

蓮花宮中


近くにガイドに載っていた食堂(徳成巷仔)があったのでそこに寄る。 瓶に入ったアイスミルクを頼むも瓶には入っていなかった19 HKD。

f:id:humgfk:20210429173707j:plain

アイスミルク


ここで次の予定を考えた。 銅鑼湾運動場を横切りトラムに載る。

f:id:humgfk:20210429173832j:plain

トラムから


三聯書店の前でおり、歩いて藍屋に行く。

f:id:humgfk:20210429174001j:plain

太源街

 

f:id:humgfk:20210429174103j:plain

藍屋まで

 

f:id:humgfk:20210429174146j:plain

藍屋


中の博物館を見た後はあるいてリートンアヴェニューまで。

f:id:humgfk:20210429174249j:plain

リートンアベニューまで

 

f:id:humgfk:20210429174359j:plain

???

 

f:id:humgfk:20210429174434j:plain

リートンアベニュー


正しくたどり着けていないのか分からないがガイドに書いてあるように赤い提灯がぶら下がっているわけではなかった。再び近くでトラムを捕まえる。

f:id:humgfk:20210429174525j:plain

HSBCトラムから


山頂(The Peak)に向かうためのバスに乗るために中環で降りる。

f:id:humgfk:20210429174624j:plain

アルマーニ

 

f:id:humgfk:20210429174739j:plain

バスから


バスに数十分乗っているといつの間にか山頂に到着していた。 とりあえず降りたところのすぐ近くにあったデパートみたいなところに行き展望デッキまで上がる。 しかし求めていた景色とは全く違う上に看板があまりなかったためどこにいるのか分からない。 下に降りたところでそこがピークギャレリアだと判明したので、地図をみつつそれっぽい所(ピークタワー)に移動する。 山頂獅子亭にて求めていた眺めを得る。

f:id:humgfk:20210429174944j:plain

山頂獅子亭から1


18:47 19:00から香港島にあるビルのライトが点き始めるのでそれまで座って待機する。 19:07 再び山頂獅子亭に移動した後景色を見る。

f:id:humgfk:20210429175330j:plain

山頂獅子亭から2


深水埗にある添好運點心專門店に向かうべくヴィクトリアピークから下山するのだがトラムは非常に混んでいたためにあえなくバスで下山。 中環から尖沙咀にフェリーで向かおうとするが上の店が21:30までしかやっておらず、この時既に20時過ぎ間に合わないと判断し太子にある一点心に行くことにする。 フェリーで尖沙咀

f:id:humgfk:20210429181820j:plain

フェリーから


駅まで歩き八達通にチャージをしMTRで太子(Edward)に50 HKD。 一点心に。再び中国語で話しかけられる。 となりに座った子供とにらめっこをしていたが勝てない。 鶏足のごはんやEgg custard Bunなど新しいものをたべ飲茶を楽しむ。

f:id:humgfk:20210429182209j:plain

色々


満腹になりお茶も尽きたので出る105.5 HKD。 0:10就寝。

3日目(2018/08/20)

10:00起床。 とりあえずリンゴジュースを飲みホテル併設のKee wah Bakeryに行く。 月餅を二つ購入。おまけでXO醤やクッキーなどいろいろつく。 コーヒーロール等を購入53.5 HKD。 部屋に戻りコーヒーロールを食べ、スプライトを飲み支度を整える。 黄埔から中環にMTRで行きぶらぶら。

f:id:humgfk:20210517002342j:plain

遮打花園とバンクオブアメリカメリルリンチ

 

f:id:humgfk:20210517002654j:plain

HSBC?

 

f:id:humgfk:20210517002733j:plain

終審法院

 

f:id:humgfk:20210517003303j:plain

撮影してた

 

f:id:humgfk:20210517003336j:plain

JP Morgan

 

f:id:humgfk:20210517003643j:plain

龍和道?から

 

f:id:humgfk:20210517003808j:plain

橋から

 

f:id:humgfk:20210517000653j:plain

ifc


12:45おなかは空いていたが香港公園に行くためにトラムにのる。乗り過ごしてしまったために公園に行くことは諦め北角に行く。

f:id:humgfk:20210517001038j:plain

北角付近1

 

f:id:humgfk:20210517001124j:plain

北角付近2

 

f:id:humgfk:20210517001219j:plain

北角付近3


北角から引き返し天后までトラムに乗り続け天后からは地下鉄で中環そして旺角へに。金華冰廳(カムワーピンティン)にて何かの肉のラーメンと揚州炒飯ミルクティーセットを食べる58 HKD。

f:id:humgfk:20210517001540j:plain

ラーメン


何もすることが無かったので近くにあったMOKO新世紀広場をぶらぶら。

f:id:humgfk:20210517001710j:plain

MOKO

 

f:id:humgfk:20210517001733j:plain

LIFE IS LIKE SUSHI

 

f:id:humgfk:20210517002149j:plain

花園街


尖沙咀に行くことにして、外に出てみたらスコール。旺角から地下鉄で尖沙咀に。スコールで身動きできないのでとりあえずcafeに入るべくアイスクエア国際広場に入る。何もなかったので上の階にあったフリースペースでゆっくりする。18:30ホテルから荷物を受け取り空港に行くことにする。地下鉄で黄埔まで戻る。駅にて八達通をチャージ50 HKD。空港のマックにてLarge Cheesy Champigmonセットを購入54 HKD。チェックインを済ませターミナルでゆっくりとする。

22卒大和証券部門別コース(総合職エキスパート・コース )高度金融本選考体験記

大和証券の部門別コース(総合職エキスパート・コース )高度金融本選考を受けた

大和証券の部門別コース(総合職エキスパート・コース )高度金融の本選考に応募した。本選考の内容や進行の仕方を記録に残す。大和証券インターンには一切参加していない。募集はしていたみたいだが、全く情報が手に入らなかった。外資就活使って募集してほしい。

内容

  1. 大和証券の部門別コース(総合職エキスパート・コース )高度金融本選考を受けた
  2. 内容
  3. エントリーシート
  4. 面接
  5. 提出したエントリーシート

エントリーシート

高度金融の一次締め切りは2021年3月31日。Webテストは性格診断しかなかったと思う。エントリーシートの項目は以下の通り。

  • 大学または大学院等での研究内容やゼミの内容について記述して下さい。※金融工学リスク管理、運用モデル、プログラミング、経済学等について学んだ経験があれば併せて記述して下さい。(400文字以内)
  • 当社を含むインターンの経験がある方は、その内容を入力して下さい。200文字以内
  • 設問1 ※学生生活(これまで)で最も力を入れた事、もしくは入れている事と、その理由をご記入下さい。(学業以外の事でも構いません)(200文字以内)
  • 設問2 ※当社及び選択したコース・部門を志望する理由、入社後のキャリアプランをご記入下さい。※エキスパートコースを選択した場合は、その理由と入社後のやりたい業務・仕事と成し遂げたいことをご記入ください。(800文字以内)

私が書いたエントリーシート後ろに載せる。

面接

締め切りから約一か月後、2021/4/18の週に電話がかかってきて社員との質問会をすると。クオンツの方とリスクマネジメントの方。翌日で即決。

質問会

デリバティブ・トレーディング部のクオンツの方と、リスクマネジメント部の市場リスクの方。学生一人でなかなかきつかった。そして部署が違う社員2人を相手にするのは難しい。一方の人ばかりに質問するのは気が引けるし。大和証券が他と違って特徴的なのは、開発の拠点をロンドンに置いていること。その理由はロンドンが進んでいるから、それだけらしい。ロンドンのクオンツが日本の市場のためにモデル開発を行っているのだそうだ。日本のクオンツがロンドンに出向したり、その逆もあるらしい。ロンドンの人と会議したりすることもあり、働く時間はフレキシブルに決められるとのこと。デスククオンツではVBApython、モデルクオンツではC++を使うそうだ。クオンツとして入社した場合、先ずはデスククオンツに配属され、その後モデルクオンツになったりするのだと。ピュアクオンツからIT系のクオンツに異動することはできるがその逆は厳しいと。クオンツからトレーダーやストラクチャリングになる人もそこそこいるようで、人事に希望を出せば移動できるらしい。その逆は厳しいらしいが。新卒に求める能力は数学と英語力とおっしゃっていた。プログラミング等は社内研修で後から伸ばせるが、数学と英語に関しては時間がかかるので入社してからでは遅いのだと。かといって数学科が多いわけではなく、7割ほどは物理出身とのこと。リスクマネジメント部には市場リスク部、信用リスク部、流動性リスク部があって基本的な業務はリスクモデルの開発というよりは、会社が抱えているリスクの計量とのこと。デリバティブ・トレーディング部の採用人数はクオンツが2人、トレーダーが1人で、リスクマネジメント部の採用人数は3人らしい。一応面接らしい質問もあり、数学はできるか、英語はできるか、プログラムは書けるか、就活状況等が聞かれた。

提出したエントリーシート

ガクチカは個人情報が含まれているため掲載しない。優れた文章ではないと思うがお手柔らかにお願いしたい。

  • 当社を含むインターンの経験がある方は、その内容を入力して下さい。200文字以内
第一生命のクオンツ・データサイエンティストコースにてX、SMBC日興証券クオンツコースにてX、みずほ証券クオンツコースにてX、三菱UFJモルガンスタンレー証券のFE部においてXを行った。

Wordで192文字。インターンの内容はネット上にかけないのでXとした。

  • 設問2 ※当社及び選択したコース・部門を志望する理由、入社後のキャリアプランをご記入下さい。※エキスパートコースを選択した場合は、その理由と入社後のやりたい業務・仕事と成し遂げたいことをご記入ください。(800文字以内)
日本経済は長期にわたり低迷しており、債務残高も主要先進国の中で最も高い状態にある。日本が今後債務残高を増やさずに安定的に経済成長をするためには市場でのキャッシュフローを増やす必要がある。コロナを経て世界は様々な変革を迎えた。新しい時代に日本を金融の面から支えるためにグローバル・マーケッツ部門の果たす役割は大きい。停滞している市場にお金を流そうとしても市場がうまく動かず市場からの利益は期待できない。無駄な損を防ぐにはキャッシュフローの戦略が重要であり、その戦略が抱えるリスクも回避しておく必要がある。顧客の抱える懸念や要望を踏まえた上での最適なキャッシュフローの戦略の提供に携わりたい。さらに、私がこれまで学んできた理系的素養や、複雑な話を他人に分かりやすく説明する経験をビジネスに役立てる仕事に興味があるのでクオンツを志望する。未来の完全な予測は不可能であるが、仮定や条件から現在の事柄が未来に与える影響を評価すれば、大まかな傾向は予測できる。これをビジネスに適用することで、できるだけ利益を挙げるための行動は何かが無数の選択肢の中から導かれるのは面白いしやりがいがある。グローバル・マーケッツ部門においては顧客の抱える様々なリスクを回避するために、金融商品を用いるが、商品の適正な価格付けを行わないと裁定機会を生み、顧客に不必要な損をさせてしまう恐れがある。そこで数学を用いて理論的に価格付けを行うことに取り組んでみたい。そして、私がアルバイトや研究を遂行する上で培ってきた能力を活かして、他の人がモデルを適切に利用できるように、正確にかつ分かりやすく説明する。また、私は知的好奇心が旺盛で、気になることがあればすぐに調べ、何かに活かせないか考える。そして、面白いことや新しいアイデアがでてきたらすぐに行動に移す。新しい手法または既存の手法を組み合わせて新しい商品の価格付けに取り組みたい。

Wordで798文字。

日比谷公園(2021/04/15)

晴天の日

就活の合間に寄った日比谷公園。初めて行ったが、運よく晴天でいとおかしだったので撮った写真を記録として残す。写真はiPhone11で撮影し、加工は一切ない。

写真

f:id:humgfk:20210415225341j:plain

広いなぁ

 

f:id:humgfk:20210415225438j:plain

あ~いいっすねぇ

 

f:id:humgfk:20210415225513j:plain

別角度から

 

f:id:humgfk:20210415225621j:plain

図らずも渾身

 

f:id:humgfk:20210415225654j:plain

引いてみた

 

f:id:humgfk:20210415225735j:plain

シンメトリ―

 

f:id:humgfk:20210415225904j:plain

再び別の角度から

 

f:id:humgfk:20210415225947j:plain

ビルが主体

 

シベリア鉄道とコーカサス地方(2019/09/02~09/27)-アゼルバイジャン編(2019/09/19~09/20)

17日目(2019/09/19)

f:id:humgfk:20210402022747j:plain

機内食


着陸するから席起こせと隣の美女に起こしてもらった。 3:35 時間通り到着。

f:id:humgfk:20210402022809j:plain

ASAN Viza作成機。日本人は無料。


ビザ作るのに空港の人に手伝ってもらった。 ありがたい。 バクーのWi-Fiは電話番号無で使える。 4:35 ようやく入国。 荷物が見つからず焦ったが飛行機ついてから入国までが長く、サービスカウンターに持ってかれていたみたいだ。 先ずは両替する必要がある。

f:id:humgfk:20210402022843j:plain

空港内にある両替所


45USDを74.2AZNに。

f:id:humgfk:20210402022912j:plain

ヘイダルアリエフ空港内

 

f:id:humgfk:20210402022937j:plain

ヘイダルアリエフ空港外

 

f:id:humgfk:20210402023005j:plain

ヘイダルアリエフ空港外観


空港から市内に出るにはバクーカードを買ってエアポートエクスプレスに乗る必要がある。 どこにあるのか分からなかったため、空港前の駐車場を歩き回ったりしたが、空港出口のすぐそばにあった。

f:id:humgfk:20210402023032j:plain

券売機


英語メニューなし。 買い方が分からないので警備の人に教えてもらった。 バクーカードは2種類ある。 数回しかチャージできないものと、何度でもチャージできるもの。 この時買ったのは前者。 警備員の人の言うとおりに買い進めたので、他のオプションについて知らなかった。 特にすることはないがエアポートエクスプレスの始発が6時なのでそれまで空港内で待機。 6:00 空港からのバスで市内へ。

f:id:humgfk:20210402023111j:plain

バクー駅

 

f:id:humgfk:20210402023135j:plain

サムブルガン公園


信号がわからなくて普通に無視してしまった。 キオスク的な露店で新聞を買ってみる40ゲピク(0.4 AZN)。

f:id:humgfk:20210402023201j:plain

アゼルバイジャン鉄道管理局

 

f:id:humgfk:20210402023223j:plain

アゼルバイジャン最高裁判所

 

f:id:humgfk:20210402023248j:plain

道路


道路を渡りたいのだが横断歩道が見当たらない。 道行く人に、渡りたいのだがと身振り手振りで伝えると、近くにはないから渡ってみればと。 重い荷物を持って、信号のタイミングを見測りながら道路を渡る。 結構ひやひやした。

f:id:humgfk:20210402023313j:plain

ホステル


ホステルに到着。 部屋は時間が来るまで使えないようだ。 カードで代金払ったと思っていたが、払っていなかったのか。 とりあえず荷物を置けたので観光案内所に向かう前に、時間がかなりあるのでカスピ海を望もう。

f:id:humgfk:20210402023337j:plain

建物。奇抜なデザインだ。

f:id:humgfk:20210402023359j:plain

チョコアイス


アイスを買う。 1.5と言ってたが2取られた。 まあ良い。 値段の割に随分微妙なアイス。 チョココーティングの中はムースのように柔らかい。 ラクトアイスだな。

f:id:humgfk:20210402023425j:plain

入口の看板。なんてかいてあるのだろうか。

f:id:humgfk:20210402023447j:plain

f:id:humgfk:20210402023507j:plain

カスピ海

綺麗だ。 眠気がすごいけど、朝日が気持ちいい。 少し風が強いが、太陽のあたたかさと相まって居心地が良い。 セレブらしい人たちが大きな犬を連れて散歩している。

f:id:humgfk:20210403024322j:plain

バクー政庁

 

f:id:humgfk:20210402023529j:plain

アゼルバイジャンのジム

スーパーで水とパンを購入0.74AZN。 また観光案内所がねえ。 数人に聞いたが知らんと。 本当にイライラする。 地球の歩き方使えねえ。 地球の歩き方は使える。

f:id:humgfk:20210403024516j:plain

ヒルトン・バクー


お腹すいたしレストランでも行くか。

f:id:humgfk:20210403030601j:plain

噴水1(Sahil Bagi)

 

f:id:humgfk:20210403030759j:plain

なんかの建物

 

f:id:humgfk:20210403030643j:plain

ヘイダルアリエフ公園

 

f:id:humgfk:20210402023608j:plain

ヘイダルアリエフ像。まぶしそう。


バシュケントにキタ。 よく分からないが適当に注文。

f:id:humgfk:20210402023633j:plain

パシュケントにて


この飲み物あまり美味しくないな。 液体は飲むヨーグルトを薄めた感じだったが、緑の草がとても飲めたもんじゃない。 ピラフは美味しい。 見た目はあまり食欲をそそらないけど鶏肉が美味しく調理されていた。 葉も全然苦くない。 パンは無料でついてきた。 全部で9AZN。 店の前で炭酸水ぶちまけた。 駅でトビリシ行きのチケット購入しよう。 トビリシを駅員の人に連呼して、売り場まで連れて行ってもらった。 窓口の人は若干英語が通じたので、何とか購入23.96AZN。 ホステルは明後日まで取っているが、長く滞在してもやることなさそうなので早めにジョージアに向かうことにした。 これから拝火教寺院(アテシュギャーフ)とヤナルダグに行く。 はたまたバクーカード購入2.0AZN。 今度は非限定のやつ。 1.0AZNをチャージ。 地下鉄はロシアと似てる。 コルグル。

f:id:humgfk:20210403031636j:plain

体操競技場(Milli Gimnastika Arenası)

バスの時刻表ないのつらい。184が先に来たのでスラハニに付けると良いな。 とりあえず乗っていると、バスの運転手がここだとおろしてくれた。らしきところについた。終点ではないが降りる。バス0.3AZN。しかし、拝火教寺院らしきものは見えない。Googlemapによるとすぐ近くだそうで、向かって歩いた。暑い。

f:id:humgfk:20210403032226j:plain

拝火教寺院門


拝火教寺院に到着。

f:id:humgfk:20210403032440j:plain

拝火教寺院説明

f:id:humgfk:20210403032929j:plain

中央祭壇

f:id:humgfk:20210403033142j:plain

なるほどわからん

f:id:humgfk:20210403033301j:plain

中央祭壇の火


火弱っ。

f:id:humgfk:20210403033440j:plain

帰り道

見学を終え帰宅路についていた時に木の陰から184を発見。飛び乗る。終点は拝火教寺院の本当にすぐのところにあった。ここに来るときに終点まで待つべきだったか。 184は何本も走っているから見学してすぐコルグルに戻ることが可能。コルグル発の終点でバスの清掃をするため一度降ろされる。運転手交代。結構風が強い。ベンツが多い。帰りのバス0.3。 コルグルまで戻ってきた。1 AZNで謎のジュースを購入。

f:id:humgfk:20210403033804j:plain

謎の緑ジュース

緑色でメロンソーダみたいな味もするが別の香料が含まれている。 続いて217でヤナルダグを目指す。15:00 到着。学生1マナト。

f:id:humgfk:20210403034021j:plain

ヤナルダグ入り口

f:id:humgfk:20210403034442j:plain

ヤナルダグ1

f:id:humgfk:20210403034508j:plain

ヤナルダグ2

風が台風並みに強い。

f:id:humgfk:20210403034553j:plain

ヤナルダグの火

f:id:humgfk:20210403034621j:plain

ヤナルダグの猫

思ったより弱い火だった。今にも消えそうな火。本当に永遠の火か?帰りのバスで寝てたらいつのまにかコログルに。地下鉄で28May(バクー駅)へ。 ホステルに戻りチェックインしてシャワー浴びて軽く寝て夕飯にありつこう。

f:id:humgfk:20210403035037j:plain

誰でしょう

2日予約で1日しか滞在しないことを伝えたらなんと部屋がアップグレード。

f:id:humgfk:20210403035130j:plain

ホステルのベッド

朝購入したパンを食べる。

f:id:humgfk:20210403035230j:plain

パン

しかし腹が減った。人が全然いない地元の店っぽいとこに来る。

f:id:humgfk:20210403035331j:plain

地元の店?

おばちゃんが中にいて、アゼルバイジャン語で何やら言われたがよくわからないまま注文。ヨーグルトをつけた方がいいというのでヨーグルトも注文。この際一切値段が提示されなかったのでぼった暗れるのではないかと疑っていた。

f:id:humgfk:20210403035540j:plain

アゼルバイジャンの主食?クタフ(Qutab)という料理らしい

生地の中に肉が入っている。まあまあ美味しい。ヨーグルトは甘くもなくまずくも無く。つけたところで大して変わらない気がする。普通3.4マナト。他にすることもなく、シャワーを浴びて寝た。

18日目(2019/09/20)

6:48 起床。8:30まで待機。8:40頃チェックアウト。 やはりカスピ海はよい。今日もまずは観光案内所を探す。

f:id:humgfk:20210404172544j:plain

アブシェロンホテル

 

f:id:humgfk:20210404173118j:plain

ドミノピザwithヒルトンホテル


ツアリストインフォメーションあった。Kapital Bankのすぐ横にあった。昨日は見逃していたみたいだ。しかし分かりづらい。

f:id:humgfk:20210404173230j:plain

観光案内所


がバクーそのものに観光施設があまりないようだ。マップだけもらい海岸公園に。

f:id:humgfk:20210404175450j:plain

バクーブールバール

 

f:id:humgfk:20210404175627j:plain

バクーブールバール2


露天はたくさんあるけど10時からか全部しまっている。ハラヘッタ。

f:id:humgfk:20210404175812j:plain

F1バクー

 

f:id:humgfk:20210404175929j:plain

ノリのいいレスリングクラブの人たち

 

f:id:humgfk:20210404180337j:plain

国旗掲揚

f:id:humgfk:20210404192330j:plain

アゼルバイジャン絨毯博物館

 

f:id:humgfk:20210404192410j:plain

ミニベニス。絨毯博物館の真ん前。

 

f:id:humgfk:20210403155108j:plain

ファンタレモン


ファンタレモン3 AZN。

f:id:humgfk:20210404192547j:plain

アゼルバイジャン絨毯博物館正面


アゼルバイジャン絨毯博物館に入る。エスカレーターが最新。アゼルバイジャンの絨毯に関する歴史や作り方などが学べる。もちろん英語で解説がある。

f:id:humgfk:20210404192807j:plain

絨毯1

 

f:id:humgfk:20210404192850j:plain

絨毯2(コーカサスの世界地図)

 

f:id:humgfk:20210404192928j:plain

絨毯3

 

f:id:humgfk:20210404192957j:plain

絨毯4(おそらく拝火教寺院)


殉教者墓地に向かう。

f:id:humgfk:20210404193305j:plain

フニキュラとフレイムタワー

 

f:id:humgfk:20210404193418j:plain

フニキュラ


フニキュラ(ケーブルカー)に乗り市内をのぼる1 AZN。

f:id:humgfk:20210404193901j:plain

登りきったところにあるモスク

 

f:id:humgfk:20210404193707j:plain

フレイムタワー(flame tower)

 

f:id:humgfk:20210404194553j:plain

殉教者の小道1

 

f:id:humgfk:20210404194622j:plain

殉教者の小道2


道の片側に碑がずっと並んでいるだけの長い道だったが、厳かであった。

f:id:humgfk:20210404194811j:plain

記念碑

 

f:id:humgfk:20210404194859j:plain

永遠の火

 

f:id:humgfk:20210404195214j:plain

バクーとカスピ海


旧市街に行ってから昼食を食べよう。

f:id:humgfk:20210404210053j:plain

アゼルバイジャン国立フィルハーモニー

 

f:id:humgfk:20210404210132j:plain

噴水(Philharmonic Fountain)

 

f:id:humgfk:20210404210409j:plain

 

f:id:humgfk:20210404210440j:plain


キスカラシ(乙女の望楼)6 AZN。

f:id:humgfk:20210404210524j:plain

乙女の望楼

 

f:id:humgfk:20210404211940j:plain

望楼の上から。旧市街。


昼食のためにシャヒールリタンディールに行く。

f:id:humgfk:20210404210641j:plain

シェヒールリ・タンディール

 

f:id:humgfk:20210404210829j:plain

シェヒールリ・タンディール内装


ナカタリ、梨の炭酸ジュースを注文。

f:id:humgfk:20210404210939j:plain

ナカタリ


れもなーでとあるがレモンは感じない。美味しい。

f:id:humgfk:20210404211053j:plain

パン


パンが先に来た。なかなかメインが来ない。メインが来た。

f:id:humgfk:20210404211717j:plain

メイン(名前分からん)


熱々で美味しい。12.20 AZN。tripadvisorでいい評価をすると若干割引になる。 シルヴァンシャフ宮殿へ。

f:id:humgfk:20210404215317j:plain

シルヴァンシャフ宮殿外観

 

f:id:humgfk:20210404215414j:plain

シルヴァンシャフ宮殿入り口

 

f:id:humgfk:20210404215451j:plain

シルヴァンシャフ宮殿

 

f:id:humgfk:20210404215530j:plain

シルヴァンシャフ宮殿のモスク

 

f:id:humgfk:20210404215602j:plain

シルヴァンシャフ宮殿2

 

f:id:humgfk:20210404215630j:plain

シルヴァンシャフ宮殿3


観光はもう終了。ニザミドオリを歩いてホステルに向かう。

f:id:humgfk:20210404205922j:plain

シェマハ門

 

f:id:humgfk:20210404205450j:plain

噴水公園(Nizami Park)

 

f:id:humgfk:20210404205656j:plain

何かの建物

 

f:id:humgfk:20210404202914j:plain

ニザミ通り

 

f:id:humgfk:20210404203047j:plain

オペラ・バレー劇場


梨のジュースまた買ってしまった。

f:id:humgfk:20210404205244j:plain

ナカタリ


寄ってみたかったホステル近くのスーパーにバクーアイスとバフラブァで1.65 AZN。

f:id:humgfk:20210403160743j:plain

バクーアイス

 

f:id:humgfk:20210403160922j:plain

バフラブァ


16:30 ホステルを後にする。カータイの方が近いのでカータイに。バクー駅(28 May)に向かう。よくわからんところで地上に出る。本屋行ってみたが大したの置いてなくて退散。 17:30 バクー駅にて待機。

f:id:humgfk:20210403155300j:plain

時刻表


20:00 時間になったので乗り場の方へ動き出す。

f:id:humgfk:20210403155451j:plain

夜のバクー駅

 

f:id:humgfk:20210403155534j:plain

トビリシ行き


列車に乗る。車掌が号車を間違えてたようだ。直前になって別の車両に移動した。

f:id:humgfk:20210403161026j:plain

電車


特にすることは無いので自分の場所に座ってぼーっとしたりお茶を飲んだり。前に座ってる席の人から揚げパンみたいなのを貰った。おなかいっぱいだと断ろうとしたのに押しが強かった。ピロシキみたいなものだった。美味しかった。
隣の席の人が茶飲みたいからティーパックくれと。グリーンティーを挙げた。代わりに飴くれた。向こうはアゼルバイジャン語、こっちは英語だったが何とか伝わった。
前の人おそらくアルコール飲み始めた。アルコール禁止なのに。前の人のところにアテンダントと警察みたいな人が来てなんかいってる。おそらくアルコールなしと。 そして今度は上の中国人に対しシーツをつけろと。何故だか中国人が反抗し出す。単にシーツをつけるだけなのに。
前の人に再びパンをもらってしまった。奥さんがたくさん作ってくれたらしい。柔道で日本に勝ったと。65キロで3位だぞと。あんまり知らなくて申し訳ない。ささいなお返しとして緑茶は飲まないそうだが緑茶をあげる。いい国ランキングは1位アゼルバイジャン2位ジョージア3位アルメニアらしい。他の国は知らないが、確かにアゼルバイジャンの人は優しかった。チョコレートケーキももらってしまった。ぱさぱさしていたが美味しい。